ゆーちゃんの自由気ままなブログ

雑記ブログをお届けします

涙がポロリ

今週のお題「こぼしたもの」

 

先日、久しぶりにディズニーランドに行ってきた。

 

40thでのハロウィン期間中ってこともあり、夜まで賑わいは絶えない1日だった。

 

このご時世給料は上がらないのに物価の高騰が続く中、1日でかかった出費は可愛くなかったなぁ。笑

とぼやきながらも、やっぱりあの世界観はディズニーでしか味わえない事も確かだった。

 

色んな意味で夢の国と言われているけど、出費は現実だよね笑

 


そんな中、コロナ禍に一度訪れたとき、事件が起きた。

 

今回行った時の事ぢゃないんかーいと思う人もいるだろうけど、前回訪れた事を話します。

 

12月にランドから少し離れたホテルに前泊。

部屋は乾燥しまくってて寝苦しく、そこで先ず事件は起きた。

子供が熱をだしてしまったのだ💦

当日の朝、下がる事を祈りながらも子供の体調が優先。分かっていながらもその時期予約をとるのも一苦労。ただ、子供が悪くないわけではないし、無理して行く事はできないのも確かだし、葛藤しながらも当日を迎えなんとか熱はさがり、入園する事はできた。

そんな状況でも、連れて行くのは不謹慎かなと思いながらも無理をさせず、楽しんでいた最中、ビックポップでしか買えないポップコーンを予約でき購入。

歩きながら食べテラス席のレストランで休憩した時、次の事件が起きた😱

背負っていたポップコーンをおろそうとした時、紐が服にかかり、とりずらいのなんの。

無理に下ろしたら、今度は蓋が服にかかり、気づいたらポップコーンをぶちまけ、周りからは注目の的。

一役有名人になったかな笑💦

やっちまったぁと心で叫びながらも、さて拾うかと冷静に。

ただ、半分以上ぶちまけてたから、拾うのがこれもまた一苦労。

そんな時、近くで掃除をしているキャストさんを発見。

掃除を依頼し、その状況を見かねてキャストさんはこう言った。

子供に向かって『お兄さんが魔法をかけてあげよっか』と。

子供が、うんと答え掃除をした後、数分後、紙袋を手に戻ってきた。

そしたらなんと、その時、予約しないと入れないビックポップでしか販売がないポップコーンを持ってきてくれたのだ。

その時、夢を与えてくれた体験をし、さすがだなぁと思い、改めて夢の国だと実感。

コロナ前とコロナ後でのキャストさんの笑顔など、心なしか減った気がしたにも関わらず、前回訪れた時のキャストさんの神対応と、先日ディズニーにいった出費に嬉し涙をこぼしました。