ゆーちゃんの自由気ままなブログ

雑記ブログをお届けします

芋好き必見!もちもち食感がたまらない芋料理

今週のお題「芋」


芋料理は、日本の伝統的な食文化に欠かせない一部。

 

その中でも、もちもち食感が魅力の芋料理について探求中。

 

今回は芋の種類、レシピ、そして芋の魅力についてご紹介します。

 

一般的な芋の種類には、里芋、さつまいも、ごぼうなどがあり、それぞれの芋には異なる風味や食感があるよね。

 

季節によって旬が異なるからまたそれが絶品。例えば、里芋は春に旬を迎え、その爽やかな味わいが特徴。一方、さつまいもは秋においしい季節で、その甘みが魅力的かな。😊

 

 そして、


芋料理を楽しむためのレシピを紹介。以下は、もちもち食感が際立つ里芋の煮っころがしのレシピです。

里芋の煮っころがしレシピ
材料:
- 里芋(500g)
- 醤油(3大さじ)
- みりん(3大さじ)
- 砂糖(2大さじ)
- だしの素(1つまみ)
- 水(400ml)

手順:
1. 里芋を皮をむき、ボウルに水を入れてさらし、水を交換して石を抜きます。
2. 里芋を鍋に入れ、醤油、みりん、砂糖、だしの素、水を加えます。
3. 中火で煮、里芋が柔らかくなるまで煮続けます。
4. 最後に煮汁をとろみがつくまで煮詰め、出来上がり!

この煮っころがしは、もちもちの里芋と甘辛いタレが絶妙に絡み合い、絶品の芋料理です。

 

🍶のつまみにも最高ですね。

 

芋は食卓に豊かなバリエーションをもたらす食材であり、もちもち食感が魅力。これを参考に芋を活用した美味しい料理を楽しんでみてください。芋好きなら必読。

 

 

ブログランキング

応援クリックお願いします/

https://blog.with2.net/link/?id=2109129