ゆーちゃんの自由気ままなブログ

雑記ブログをお届けします

地球環境に対して私達ができるSDGsとお金(出費)の節約。

▶︎ この記事にはプロモーションが含まれています。


普段の生活でSDGs取り入れお金(出費)を節約できる事はご存知でしょうか。

では、SDGs とは何か?
SDGsは「Sustainable Development Goals」の略で、「持続可能な開発目標」を指します。これは、不平等や気候変動など、世界全体で直面している多くの課題に対処し、未来の世界をより良くするための包括的な目標です。発展途上国だけでなく、先進国や企業、そして個人も含まれ、地球環境から貧困や経済成長まで、広範な領域にわたる17の具体的な目標が掲げられています。

   17の具体的な目標
   1.貧困の撲滅
   2.飢餓の撲滅
   3.健康と福祉の拡充
   4.質の高い教育の提供
   5.ジェンダー平等の達成
   6.安全な水とトイレの普及
   7.クリーンなエネルギーの促進
   8.働きがいと経済成長の実現
   9.産業と技術の進化
   10.人やの平等促進
   11. 持続可能な街づくり
   12.持続可能な生産・消費
   13.気候変動への対策
   14.海の豊かさの保護
   15.陸の生態系の保全
   16.平和と公正の確立
   17.パートナーシップによる目標達成
      
今まさに我々私生活から企業側などで力をいれ、これらの目標を2030年までに達成されることが目指されております。

この17の目標から、私達が日常生活でできること、それが、 11、住み続けられる街づくり。
住み続けられる街づくりの一環として、大気の質やごみの処理などに特に注意をはらうなどして、都市に住む人が環境に与える影響を減らす事が、日常で私たちができるSDGsと考えております。

とは言え、住み続けられる街づくりの一環として、大気の質やごみの処理などに特に注意をはらうって何をしたらいいんだろぅと疑問に思う方もいるのではないでしょうか?

そこに注目する部分が、ゴミの処理です。

生活しているうえでゴミの処理は日常茶飯事ではございませんか。
様々なゴミが発生する中、圧縮ができる魔法のゴミ箱が家庭に1台あるだけで、ごみを捨てる回数を軽減、回収・収集にかかるコスト削減、又、ゴミ袋の購入削減から家計の節約に期待できます。
現在、コンビニなどで袋一枚を購入する際にも有料となり、物価の上昇が続いてる中、お金を大切にする機会なども増えていますよね。このような状況下で、節約の一環として少しでも出費を減らすことが求められます。
そして、これらのゴミの処理に対して意識を高める事で環境に対する貢献が大きくなり、ゴミを圧縮する事により、ゴミ処理の効率が向上、廃棄物の量を削減、地球への負荷も軽減がされます。
圧縮ができる魔法のゴミ箱 を活用することは、環境保全SDGsに寄与する重要な一歩となる事が言えます。

この意識を高める事で住み続けられる街づくり に貢献していることと言え、個人が実際に行動に移すことで、環境への負荷を軽減し、持続可能な未来に対する責任を果たすことができますね。

そんな事いっても圧縮ができる魔法のゴミ箱なんて、そもそも圧縮するなんて業者じゃあるまいし、家庭に一台とはいえコンパクトなわけないし、置き場所とかに困っちゃうなぁ?

        それがこちら
      北欧スウェーデン雑貨

    ペットボトルやプラスチック容器
      お菓子やパッケージの袋
          食品
【KomprimoFrank】ゴミを1/3に圧縮できる魔法のゴミ箱
     強力な圧縮力でゴミを削減

 クラウドファンディングサイト「Makuake」
     でも実績率が高く好評価

通常の使用方法でゴミを捨て、電気を使わずに体重を乗せて圧して潰す構造となっております。
キッチンなどに馴染む北欧らしいデザイン性から、コンパクトでもある為、置き場所にも困らない。また、圧縮する事で、普段の約3倍のゴミを捨てる事が可能になる為、ゴミ出しの回数なども削減が叶う。
効率性、多用途性、環境問題に重視し、ユーザーのニーズにあわせたこだわりが詰まっております。

これらの考えられた開発により、持続可能な貢献を生み出す重要な一歩として 、SDGsに向けた日常生活での意識を高めることが、お金や環境、時間の節約などにも繋がり、住み続けられる街づくりとなるでしょう!!



\応援クリックお願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング
人気ブログランキング

人気ブログランキングでフォロー