ゆーちゃんの自由気ままなブログ

雑記ブログをお届けします

今日はプレイステーション誕生の日。あの懐かしい名作20タイトルも搭載。

▶︎ この記事にはプロモーションが含まれています。


本日12月3日はプレイステーションの日なのです。

1994年12月3日に初代プレイステーションが誕生。

今年で29周年目を迎える。
          

このように、年代で見てみると、6〜8年の間で新型プレイステーションが発売されている。

本来、プレイステーションは家庭用ゲーム機ではあるが、その他機能満載である。

ゲーム以外での機能

1994年12月3日 プレイステーション誕生
CD再生対応。


2000年3月4日 プレイステーション2誕生
CD・DVD再生機能対応。


2006年11月11日 プレイステーション3誕生
CD、ブルーレイディスク、DVD対応。
CDや写真等の保存機能も可、カスタマイズ可。
CD-RやDVD-Rの読み込み可。
インターネット接続可。
プレイステーション3で初めてオンラインができるようになり、無料。ダウンロードは有料。
プレイステーション2ディスク対応が60GBと20GB。初期のプレイステーションディスクは型番にもよるがPS3対応。他


2014年2月22日 プレイステーション4誕生
ブルーレイディスク、DVD対応。
オンライン、ダウンロードなど有料化。
画質や読み込みスピードなど改善。
オンラインでセーブデータ保存対応。
過去のディスクは非対応。
プレイステーション4とProの2種類発売。他


2020年11月12日 プレイステーション5誕生
ブルーレイディスク、DVD対応。
ディスク対応と非対応の2種類発売。
ディスク対応はプレイステーション4のディスク対応。
読み込みスピードや画質など改善。他


プレイステーションの歴史を辿ると、機能としてはプレイステーション3が一番ハイスペックと言えるでしょう。ゲーム以外での機能が多数搭載、又、書き込みはできないのでパソコンまでとはいいませんが、このハイスペックには衝撃を受けました。又、新型の発売傾向が約6年スパンの中、3から4だけは発売までが約8年とこの長期間にも渡っている事が物語っておりますね。然しながら、時代の変化と共にサブスクなどが需要を増す事で、CDの需要低下から4では非対応と言ったところではないでしょうか。DVDは対応を維持しつつ今に至る。
又、常にコンパクトに価格帯も下げながら同機の新型を発売しているのも魅力でしたね。今回のプレイステーション5だけは、2回も価格が上がるといった事案があり、残念な結果ではありましたが、これからもユーザーとしては期待したいでしょう。

『R4 RIDGE RACER TYPE 4』『JumpingFlash! アロハ男爵ファンキー大作戦の巻』『鉄拳』『ファイナルファンタジーVII インターナショナル』『ワイルドアームズ』他、懐かしい名作20タイトルが搭載しております。



\応援クリックお願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ

ゆーちゃんの自由気ままなブログ - にほんブログ村

日記・雑談(その他)ランキング
日記・雑談(その他)ランキング

人気ブログランキングでフォロー