ゆーちゃんの自由気ままなブログ

雑記ブログをお届けします

転職を検討するべきか?給料が上がらない会社の特徴と理由。

▶︎ この記事にはプロモーションが含まれています。

給与の伸び悩みや将来の不透明感、低下するモチベーションなど、転職の検討理由は多岐にわたります。

評価や報酬が社歴や貢献度に反映されず、ボーナスがないなど、給与に関する不満が様々な要因となっています。
転職は人生の起点であり、新たな挑戦や成長の機会を提供します。
現在の給与の伸び悩みや不満を背景に、自身のキャリアパスを見つめ直すことで、より充実した職場環境やキャリアの方向性を見つけることが可能でしょう。また、新しい職場での経験やスキルの向上など、個人の専門性を高め、将来的なキャリアの展望を広げる一助となります。転職は、自らの可能性を広げ、充実感ある人生の一環となれるよう、この7つの事から転職の必要性を検討する上でぜひ参考にしてみてください。


目次
会社の特徴

1 身内優遇の家族経営会社

2 給料を単なるコストと見なす企業

3 従業員の入れ替わり

理由

4 給料が上がらない理由

  4-1 会社に問題があるのか
  4-2 自身に問題があるのか

判断基準

5 転職する判断基準

  5-1 自社人事評価制度の理解
  5-2 給与向上のための成果アピール

メリット・デメリット

6 転職するメリット・デメリット

メリット
  6-1 キャリアの成長
  6-2 給与向上の可能性
  6-3 新しい環境での学び
  6-4 ワークバランスの改善
デメリット
  6-5 不確実性
  6-6 人間関係の再構築
  6-7 適応期間
  6-8 失業のリスク

まとめ
7 まとめ

会社の特徴


1 身内優遇の家族経営会社「出世の道は限りなく狭い」

家族経営の会社、親が会長であり、息子が社長である構成は、避けるべきといってもいいでしょう。こうした組織では、どれだけ努力しても経営者の意向次第で収入の向上が難しく、搾取の構図が常態化しています。以前私も、父が会長で社長が息子といった企業で働いたことがあり、その経験から言えば、これはなかなか改善が難しい事態です。こういった組織では、儲けが出れば無条件で身内をポジションに就かせ、他の従業員は会社が存続する限り搾取され続けます。身内以外で高いポストを得ている人が一人もいない場合、出世のチャンスや収入の向上は極めて難しいと言えるでしょう。

2 給料を単なるコストと見なす企業「収入向上の道を模索する難しさ」

従業員への支払いは単なる人件費、つまり経費に過ぎません。しかしそれを経営者や人事部が単なるコストと見るか、投資と捉えるかによって、支払われる給料に大きな違いが生じます。給料を純粋なコストと見なす企業はコスト削減に焦点を当て、従業員の給料を最小限に抑えることを追求します。特に小売業や飲食業の店舗では、店舗スタッフ全体がコストとみなされるため、どれだけ頑張っても収入を上げることが難しい状況です。
従業員への報酬を投資と見なす企業は、スキルアップに手当を提供し、勉強会や研修などモチベーション向上のために昇給を実施します。もしも勤務中の企業が人件費削減しか考えていない場合は、少なくともその状況から抜け出さなければ、満足のいく収入を得るのは限りなく難しいでしょう。

3 従業員の入れ替わり「給与と労働環境のバランスが求められる」

従業員の入れ替わりが激しい企業はこのようなケースが考えられます。
給料が悪くないが労働環境が厳しい企業のケース、これはまだましと言えます。広範な雇用の機会があり、学歴や専門知識がなくても真面目に働けば一般的な収入以上が得られる可能性があります。そして、20代でも役職クラス昇格できれば同世代の平均給与を上回ることが期待されます。
又、もう一つのケースは「給料も労働環境も悪い会社」、これは最悪です。従業員は低い給与と過酷な労働環境から抜け出すことを望みます。この企業は従業員に対して「すぐ辞めてもらっても構わない。変わりならすぐみつかる。」という態度を備えている可能性が高いです。経験者が多いため即戦力と見なされやすく、小売、サービス業などでよく見られます。このような労働環境が厳しいが報酬が魅力的な場合は、優秀な人材が残りますが、労働環境が悪く報酬も低い場合、残留者は限られすぐ退職してしまうでしょう。

4 給料が上がらない理由

4-1 会社に問題があるのか
業績の低下により、従業員に給与として還元できる余裕が制約されます。その為、予測された利益が下がった場合など、人件費への余裕が減少し、個々で優れた評価が得られても給与の向上が難しい状況が生じます。利益が改善されると、それに基づいて給与が上昇する可能性もありますが、回復しない場合は、給与が上がらない厳しい状況が続くでしょう。
仕事そのものの付加価値が相対的に低い場合、経験年数だけでは昇給が難しいことがあります。単純な作業が主体の仕事は、他の人が代替できると見なされがちである。ただし、他にはない強みや対人関係能力、スケジュール管理能力などで自身の評価を示せれば、昇給の機会が広がるでしょう。しかし、そのような付加価値を提供できない場合、給与を上げるのは難しいかもしれません。

4-2 自身に問題があるのか
評価制度の不明確さです。自身の働き方がどう評価されるかを理解するために、評価基準や給与決定のプロセスを確認する必要がある。
また、スキル不足も要因となり、業務やポジションに適したスキルを身につけ、市場価値を向上させる努力が必要。と同時に、仕事での成果が不足している場合も考えられる。成果主義の環境では、業績への貢献が給与に影響するため、積極的に成果を上げることが求められる。

5 転職する判断基準

5-1 自社人事評価制度の理解
自社の人事評価制度を理解することが肝要です。評価シートが存在すれば、評価項目を確認することで、会社が期待する能力が明確になります。たとえば、「協調性」「積極性」などの意欲面や、「企画力」「チームマネジメント力」などの能力面、そして「目標達成度」などの成果面が評価基準として挙げられているかもしれません。自社の評価制度に基づき、これらのスキルを向上させることで、評価アップと結びついて給与の向上が期待できるが、このような評価制度がない会社であれば、転職する上での判断基準として考える必要がある。

5-2 給与向上のための成果アピール
給与は一般的に、同じ部署や同じグレードの他の同僚との相対評価が支配的です。そのため、他の社員との比較が重要な要素となります。上司に対しては、具体的な成果を伝え、同じ部署やグレードの同僚よりも業績に対する貢献度が高いことをアピールすることが鍵。1回の高評価だけでは待遇の向上が難しいかもしれませんが、数年にわたり高評価を獲得し、会社に持続的な貢献を示せば、昇給の機会が増えるでしょう。何も伝えずにいると、現状の給料に満足していると誤解される可能性もあるため、具体的な成果を伴って積極的に上司とのコミュニケーションを図ることも重要。しかし、アピールをしても叶わないのであれば、こちらも転職する上での判断基準として考える必要がある。

6 転職するメリット・デメリット

メリット
6-1 キャリアの成長
新しい職場での経験や責任は、自己成長へと繋がる。

6-2 給与向上の可能性
転職により競争力を向上させることができ、給与や手当が得られる可能性がある。

6-3 新しい環境での学び
異なる業界や企業で働くことで、新しいスキルや知識が得られる。

6-4 ワークバランスの改善
転職によって、労働環境や働き方が改善される。

デメリット
6-5 不確実性
新しい環境に適応するまでの過程で不確実性が生じる可能性がある。

6-6 人間関係の再構築
職場の雰囲気や同僚との関係を再構築する必要がある。

6-7 適応期間
新しい仕事に慣れるまでに時間がかかる。

6-8 失業のリスク
転職に失敗した場合、一時的に雇用がなくなる可能性がある。

7 まとめ

これらの状況から転職を検討する際、企業側と働く側の問題を理解することが重要。企業の方針が問題である場合、貢献度が評価される環境への転職が解決策となります。
一方で、働く側に問題がある場合は、成果を積み重ね、自らの強みをアピールすることが解決に期待できます。転職は新たな挑戦であり、職種の変更には初給の調整がつくかもしれませんが、やりがいやモチベーション向上に繋がる可能性もあります。そして、自身の価値を理解し、適切な環境で働くことが大切であります。




\応援クリックお願いします/
PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ゆーちゃんの自由気ままなブログ - にほんブログ村

日記・雑談(その他)ランキング
日記・雑談(その他)ランキング

人気ブログランキングでフォロー